ラッシュ時の運転とは

バス運転手の精神の安定

ラッシュ時のバスの運転は優しい

運転が通常時に激しい傾向にある車両は、ラッシュの最中にあれば途端に穏やかな雰囲気に早変わりします。乗客ありきの運転であれば、優しい動きを徹底しなければ急な停止を繰り返してしまい苦言を呈される原因をバスが作り出しがちです。ラッシュに巻き込まれてしまった折の乗客の心理は、一刻も早く抜け出すことによってスムーズに目的地に到着するべきということです。他方で是が非でも安全性を確保するべきとも考えるので、バスの責任者は心を乱すことなく運行する強靭な精神力を維持する必要性に駆られます。急いだとしても、所要時間は変わりないからです。

ラッシュ時のバスの運転について

ラッシュ時のバスの運転はとても緊張を強いられます。まず、坂道などで信号待ちで停車する場合は、満員であると重みで発車するさいに上手に操作しなければ、後方へ下がってしまう可能性があります。また、満員であると車内にいる乗客のストレス等も考えなければなりません。特に朝は時間に追われている乗客がほとんどですので、時間も通常以上に考えておかなければなりません。事故なども起こりやすくなりますので、冷静に対応するようにしましょう。ラッシュ時のバスは、運転手も乗客もとても大変です。そんな時こそお互いが気持ちよく時を過ごせるように気を使いあうようにしましょう。

↑PAGE TOP